tami zine


今回の展示会、「ヒカリノオト HIKARI NO OTO」では、

廣瀬彩名が世界各国を旅して録音してきた「生きた音」を使い、

18人の音楽家たちがそれぞれの自由な感性のもとに作り上げた楽曲が展示されています。

そして実は、

この展示会に来てくださった方のみ、

この「生きた音」が収録されたvinyl付きのzineを購入していただくことができます。

zineには、音を録ったその場所で生きる人々 と 廣瀬彩名がどう接していたのか、

どうやってこれらの音が生まれたのか、アナログな"人とのつながり方"が垣間見える、

不器用で不恰好な、そんな写真たちが収められています。

アナログなつながり方には、いつもなにか一手間かかるけれど

便利な中に溺れつつも、そんなところに魅力を感じます。

数あるvinylの中から一枚選び、

ジャケットからだしてタンテに置く

針を置いてやっと、音が聞こえてくる

素敵な一手間だとおもうのです。


NEW TOPICS
Archive
Tags
まだタグはありません。
  • Facebook Basic Square